• 子どもたちに楽しさをきっかけに
    学びを大好きになってもらいたい

  • 子どもたちに楽しさをきっかけに
    学びを大好きになってもらいたい

『URC2018』決勝大会開催!

小・中学生を対象とした国際ロボット競技会『URC2018』(Universal Robotics Challenge2018)の決勝大会(主催:URC実行委員会/大阪府)が、2018年9月8日(土)、大阪大学吹田キャンパス・コンベンションセンターで行われました。本競技会は子どもたちがロボットプログラミングキット『アーテックロボ』を利用して制作したロボットにより、ゴールまでの速さや正確さを競い合うというもの。今年で2回目となる2018大会は、全国8会場(東北・北関東・南関東・北陸・東海・近畿・中四国・九州)で地区大会予選が開催され、各地の教育委員会や教育機関の後援のもと160チームのなかから勝ち抜いた上位29チームに、海外から特別参加した7チームが加わり、総勢36チーム83名が決勝大会に出場しました。

2018大会では、『スマート農業』をテーマに子どもたちがそれぞれに種まきや収穫を自動で行うロボットを開発して持参。当日、会場で発表された「スペシャルミッション」の内容に合わせてロボットの機能調整を行い、競技に臨みました。出場者の多くは、全国の小・中学校でプログラミングを学習中の生徒や、『アーテックロボ』によるロボットプログラミング教室「Artecエジソンアカデミー」(https://www.artec-kk.co.jp/school/edison/)、「Gakken×Artecもののしくみ研究室」(http://robot.gakken.jp/)に通う生徒たち。また、海外(韓国・香港・台湾)からも、現地でロボットプログラミングを学ぶ生徒たちが参加。自由に組み替えられる『アーテックロボ』の特性を活かし、子どもたちがそれぞれに工夫を凝らした独創性豊かなロボットが参加チームと同じ数だけ、勢ぞろいしました。

なお、地区大会予選、決勝大会の模様などは、後日(9月18日以降)大会ホームページにて随時公開する予定です。
『URC2018』ホームページ