• 子どもたちに楽しさをきっかけに
    学びを大好きになってもらいたい

  • 子どもたちに楽しさをきっかけに
    学びを大好きになってもらいたい

NEWS & INFORMATION
NEWS & INFORMATION

『卒園進級記念プレゼントカタログ』発刊

2019~2020年版幼稚園・保育園向け『卒園進級記念プレゼントカタログ』を発刊しました。 ※学校様向け団体購入価格は掲載しておりません。

『ビスケット』プログラミング幼児教室を開講

ビジュアルプログラミング言語『Viscuit』(ビスケット)を活用した新しい幼児向けSTEAM型学習教室『First STEAM』(ファースト・スティーム)を2020年4月より開講いたします。 2020年の学習指導要領の改訂により、小学校においてプログラミング教育が必修化となります。また大学入試においてもプログラミングを含む情報科目の出題が検討されており、理数系の基礎学力に加えて問題を見つけ解決する力や、表現する力、協力し合う力などが重視される見込みです。こうした「21世紀型スキル」といわれる新しい学力をつけるためには、低年齢からの「STEAM」(Sは科学・理科、Tは技術、Eは工学、Aは芸術、Mは算数・数学の頭文字)教科を横断する体験型の教育が有効とされています。 アーテックでは、子供向けのプログラミング学習教材や関連する教科教材開発のノウハウに、子ども向けの教育用ビジュアルプログラミング言語として注目されるViscuitを組み合わせた、4歳から楽しくSTEAM教科が学べる幼児教室を新たに全国展開いたします。 Viscuitによるプログラミングカリキュラム開発にあたっては、合同会社デジタルポケット(所在地:神奈川県厚木市、代表:原田康徳)と業務提携を締結。2年間全24回の「デジタルアート」コースとして、創造力や情報活用能力、協働学習の力の育成を目指します。同コースでは、幼児がタブレット上で自由に描いた絵に動きや変化をつけられるだけでなく、描いた絵を一つの画面に共有できる機能により、お絵描きを通じて直感的にコンピュータの本質に触れる体験をすることが可能です。Viscuitの幼児教室での本格的な導入は今回が初となります。 「First STEAM」のカリキュラムには、このほか「サイエンスクラフト」「ブロックデザイン」「ロボットプログラミング」の計4つのコースがあります。それぞれSDGs(エスディージーズ:国連サミット採択の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた17の目標)に関連した生物や地球環境、未来の技術といったテーマと連動した内容で、「工作や手品」や「お絵描き」、「ブロック遊び」、「ロボット遊び」といった楽しい体験を通して手を動かし、五感を使うことで幼児期の脳を育てる体験型のカリキュラムとなっています。 4つのコースの詳細は以下のとおりです。 「サイエンスクラフト」:毎回配布されるキットを使って、身近な素材や現象を利用した工作体験。科学の基礎を体験する。 「デジタルアート」:プログラミングツール『Viscuit』を使って、タブレットの基本操作から、お絵描き、アニメ、音楽の創作までを体験する。 「ブロックデザイン」:アーテックブロックを使って、動物や建物・乗り物を作る体験で、集中力や図形・空間認識力を育む。 「ロボットプログラミング」:知育ロボット『アリロ』を使って、パソコンなしでプログラミング。論理的な思考力を育成する。

低年齢向け英語学習教材をEDIX関西にて発表

ロボットプログラミング教材『アリロ』を活用した新しい英語学習教材を、9月25日(水)~9月27日(金)に開催される「第1回関西STEM教育EXPO 」(EDIX関西)で展示紹介いたします。今後2020年4月のリリースに向け開発中です。 2020年の学習指導要領の改訂により公教育において小学3年生から英語教育が始まります。大学入試においてもこれまでの「読む」「書く」試験に「話す」「聞く」を加えた「4技能のバランス」が重視されるようになる予定です。 そのようななか、幼少期の英語教育ではアクティブラーニングを通して、自発的に繰り返し発話を促し、遊びを通して英語を話すことの楽しさを身につけさせる指導が重要視されていますが、教育現場ではネイティブ教員の不足、教員負担の増大といった課題も懸念されています。 本教材は音声認識技術とAIによる高い採点技術を利用したアプリケーションと、かわいらしいロボットを併用することで、ITやAI、ロボットに親しみながら、遊びを通して自発的に繰り返し英語を発話し学習することが可能です。 アプリケーションは、株式会社サインウェーブ(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:赤池雅光)が開発したソフトウェアをベースに、ロボットとの通信機能やオリジナル英語学習コンテンツを搭載。マイクボタンを押してタブレットに向かって話すとその場ですぐにAIが発音を採点し、採点結果に応じてロボットをコントロールし、目的地まで導くなど様々な課題に取り組めます。お手本の音源と発音した音声の聞き比べや学習履歴の確認も可能。AIによる自動採点技術にはiFlytek(アイフライテック)社の評価エンジンが採用されており、実際の英語のスピーキング試験で解答された音声データや、英語の専門家による厳しい採点基準のビッグデータに基づき、人間を超える採点精度を実現しています。

関西STEM教育EXPOに出展します

来る9月25日(水)~27日(金)、「第1回【関西】STEM教育EXPO」(EDIX)に出展いたします。 最新のプログラミング教材に関する展示やご紹介を行っております。皆様のご来場をお待ちしております。ぜひ、お気軽にお運びください(入場料無料)。 「第1回【関西】STEM教育EXPO」 開催日時:9月25日(水)~27日(金)10:00~17:00 会場:インテックス大阪 6号館 〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102 ブースNo.:5-35 <「模擬授業体験セミナー」タイムスケジュール> ■2019年9月25日(水) 15:15~16:00 株式会社アーテック 教材事業部営業課 主任 橋口泰輔 ■内容 プログラミングってどの教科で教えればいい?テキストはある?ひとつの教材で多数の教科を指導できるの? その疑問はすべて「アーテックロボ」が解決いたします!2020年度小学校理科教科書にも多数掲載。Scratchベースの簡単操作で初心者でもらくらくプログラミング!今回は、新しい理科の教科書に沿った模擬授業を実施いたします。

『秋冬プレゼントカタログ』発刊

2019年版幼稚園・保育園向け『秋冬プレゼントカタログ』を発刊しました。 ※学校様向け団体購入価格は掲載しておりません。

アーテックはプログラミングスクール・教材調査で5冠を達成しました
アーテックはプログラミングスクール・教材調査で5冠を達成しました
2018年 経済産業省 ものづくり日本大賞特別賞受賞 2018年 経済産業省
ものづくり日本大賞特別賞受賞

アーテックは経済産業省主催の「第7回 ものづくり日本大賞」(2018年)において、ロボットプログラミング教育を推進したことにより、人材育成支援部門の特別賞を受賞いたしました。

学校教育機関向けプログラミング事業

スクール向け教育コンテンツ事業

アーテックブロック関連商品

スペシャルサイト

※調査概要
●保護者が通わせたいプログラミングスクール ●我が子の成長を実感できるプログラミングスクール ●学習に意欲的に取り組むようになったプログラミングスクール ●学力が向上したプログラミングスクール 調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年3月1日~5調査 概要:プログラミングスクール10社を対象にしたWEBサイトを通じたイメージ調査 調査対象:全国の20代~40代のお子さんがいる男女1,050名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
●学校の先生が選ぶプログラミング教材 調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年3月1日~5日 調査概要:プログラミング教材10商品を対象にしたWEBサイトを通じたイメージ調査 調査対象:全国の20代~50代の男女(学校の先生)1,018名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ